原文で読むための枕草子

原文で読むための枕草子

【枕草子・原文】第257段 人の顔に、取り分きて

人ひとの顔かほに、取とり分わきて、良よしと見みゆる所ところは、度たび毎ごとに見みれども、「あな、をかし」「珍めづらし」とこそ、覚おぼゆれ。絵ゑなどは、数あま多た度たび、見みれば、目めも、立たたずかし。近ちかう立たてる屏びやう風ぶの絵ゑなどは
原文で読むための枕草子

【枕草子・原文】第256段 人の上、言ふを、

人ひとの上うへ、言いふを、腹はら立だつ人ひとこそ、いと理わり無なけれ。如い何かでかは、有あらむ。我わが身みを差さし置おきて、然さばかり、もどかしく、言いはまほしき物ものやは有ある。然されど、怪けしからぬ様やうにも、有あり。又また、自おのづか
原文で読むための枕草子

【枕草子・原文】第254段 男こそ猶いと有り難く

男をとここそ、猶なほ、いと有ありり難がたく、怪あやしき心ここ地ちしたる物ものは有あれ。いと清きよ気げなる人ひとを捨すてて、憎にく気げなる人ひとを持もたるも、怪あやしかし。公おほやけ所どころに、入いり立たちする男をとこ、家いへの子こなどは、有
原文で読むための枕草子

【枕草子・原文】第253段 世の中に、猶

世よの中なかに、猶なほ、いと心こころ憂うき物ものは、人ひとに、憎にくまれむ事ことこそ、有あるべけれ。誰たれてふ物もの狂ぐるひか、我われ、人ひとに、然さ、思おもはれむ、とは思おもはむ。然されど、自し然ぜんに、宮みや仕づかへ所どころにも、親おや
原文で読むための枕草子

【枕草子・原文】第250段 迫めて、恐ろしき物

迫せめて、恐おそろしき物もの夜よる鳴なる雷かみ。近ちかき隣となりに、盗ぬす人びとの、入いりたる。我わが住すむ所ところに、入いりたるは、唯ただ、物ものも覚おぼえねば、何なにとも知しらず。 《ご案内》『枕草子・目次』のページはこちら!!
原文で読むための枕草子

【枕草子・原文】第246段 賀茂へ詣づる道に、

賀茂かもへ詣まうづる道みちに、女をんなどもの、新あたらしき折を敷しきの様ようなる物ものを、笠かさに着きて、いと多おほく、立たてりて、歌うたを歌うたひ、起おき伏ふす様やうに見みえて、唯ただ、何なにすとも無なく、後うしろ様ざまに行ゆくは、如い何

You cannot copy content of this page