原文のまま読むための【枕草子】

枕草子FANが作る
“原文(伝文)のまま読むための枕草子”

※少しずつ更新中

枕草子・訳 ~その1~

清少納言ゆかりの地はこちら

ChatGPTに現代語訳を依頼する方法

※ここで原文(伝文)と呼んでいるものは、江戸時代に北村季吟様が注釈書付き枕草子として出した枕草子春曙抄の本文部分を、さらに、くずし字から元の字(字母)にして下さっているものなどを伝文と捉え元とさせていただいています。

枕草子FANの本棚

第一段

原文で読むための枕草子の目次

第一段 春は、あけぼの

第二段 ころは、正月しやうぐわち

第三段 正月しやうぐわち一日ついたち

第四段 異事ことごとなるもの

第五段 おもはむ

第六段 大進生昌だいじんなりまさいへ

第七段 主上うえさぶら御猫おほんねこ

第八段 正月むつき一日ついたち

第九段 よろこび、そうするこそ

第十段 いま内裏だいりひんがしをば

第十一段 やま

第十二段 みね

第十三段 はら

第十四段 いち

第十五段 ふち

第十六段 うみ

第十七段 わたり

第十八段 みささぎ

第十九段 いへ

第二十段 清涼殿せいりやうでん丑寅うしとらすみ

第二一段 さき

第二二段 すさまじき物

第二三段 たゆまるる物

第二四段 人にあなづらるる物

第二五段 にくき物

第二六段 小一条院こいちでうのゐんをば

第二七段 ふみ言葉ことば無礼なめひとこそ

第二八段 あかつきかへる人の

第二九段 心悸こころときめきする物

第三十段 ぎにしかたこひしきもの

第三一段 心行こころゆく物

第三二段 檳榔毛びらうげ

第三三段 牛は

第三四段 むま

第三五段 牛飼いは

第三六段 雑色ざふしき随身ずいじん

第三七段 小舎人こどねり

第三八段 ねこ

第三九段 説経師せつきやうじ

第四十段 蔵人くらうどりたる人

第四一段 菩提ぼだいてら

第四二段 白川しらかはところ

第四三段 七月ふんづきばかり

第四四段 はな

第四五段 池は

第四六段 せち

第四七段 木は

第四八段 鳥は

第四九段 あてなる物

第五十段 むし

第五一段 七月ふんづきばかりに

第五二段 似気無にげなき物

第五三段 細殿ほそどのに、ひと

第五四段 月夜つきよに、空車むなぐるま

第五五段 主殿司とのめりつかさこそ

第五六段 をとこは、また随身ずいじんこそ

第五七段 しき御曹司みざうし西面にしおもて

第五八段 殿上でんしやう対面だいめんこそ

第五九段 わかくて、ろしきをのこ

第六十段 わかき人と、ちご

第六一段 よろづよりは、牛飼童うしかひわらは

第六二段 人の家の前を渡るに

第六三段 良き家の

第六四段 滝は

第六五段 川は

第六六段 橋は

第六七段 里は

第六八段 草は

第六九段 しふ

第七十段 歌の題は

第七一段 草の花は

第七二段 覚束無おぼつかなき物

第七三段 たとしへ無き物

第七四段 常磐木ときはぎ、多かる所に

第七五段 忍びたる所にては

第七六段 冬の、いみじく寒きに

第七七段 懸想人けさうびとにて、来たるは

第七八段 有り難き物

第七九段 内裏うちつぼねは、細殿ほそどの

第八十段 して、臨時りんじまつりりの

第八一段 しき御曹司みざうし

第八二段 味気あぢき無き物

第八三段 いとほしもの

第八四段 心地ここち良気よげなる物

第八五段 取り持てる物

第八六段 御仏名おぶつみやうの翌朝

第八七段 とう中将ちゆうじやう

第八八段 かへとし

第八九段 さと罷出まかんでたるに

第九十段 ものあはれ、らせがほ

第九一段 て、左衛門さゑもんぢん

第九二段 しき御曹司みざうし

第九三段 めでたき物

第九四段 なまめかしき物

第九五段 中宮みやの、五節ごせち

第九六段 細太刀ほそだち平緒ひらを

第九七段 内裏だいりは、五節ごせちほどこそ

第九九段 うへ御局みつぼね

第百段 御乳母おんめのと大輪だいふ

第百一段 ねたき物

第百二段 傍痛かたはらいたき物

第百三段 あさましき物

第百四段 口惜くちをしき物

第百五段 五月の御精進みさうじの程

第百六段 御方々かたがた公達きんだち上人うえびと

第百七段 中納言殿ちゆうなごんどのまゐらせ

第百八段 雨の、打ちへ、降る頃

第百九段 淑影舎しげいしゃ春宮とうぐう

第百十段 殿上でんじゃうより、梅の花の

第百十一段 二月きさらぎ晦日つごもり

第百十二段 はるかなる物

第百十三段 方弘まさひろは、いみじく

第百十四段 せき

第百十五段 森は

第百十六段 卯月うづき晦日つごもり

第百十七段 

第百十八段 つねよりもこと

第百十九段 きて、おとる物

第百二十段 さりする物

第百二一段 冬は

第百二二段 夏は

第百二三段 あはれなる物

第百二四段 正月むつきに、てら

第百二五段 心付こころずき無き物

第百二六段 びしに、ゆる物

第百二七段 暑気あつげなる物

第百二八段 づかしき物

第百二九段 とくなる物

第百三十段 修法ずほふなる物

第百三一段 はしたなき物

第百三二段 関白殿くわんぱくどのの、黒戸くろどより

第百三三段 九月ながつきばかり、一夜ひとよ

第百三四段 七日なぬか若菜わかな

第百三五段 二月きさらぎくわんつかさ

第百三六段 とうべんの御もとより

第百三七段 どて、つかさ

第百三八段 殿とのの御ため

第百三九段 とうべんの、しき

第百四十段 五月さつきばかりに、つき

第百四一段 円隔院ゑんゆうゐんの御てのとし

第百四二段 徒然つれづれなる物

第百四三段 徒然つれづれなぐさむる物

第百四四段 どころき物

第百四五段 なほに、めでたき物

第百四六段 殿とのなど、しまさで

第百四七段 正月むつき十日とをかそら、いとうくら

第百四八段 清気きよげなるをのこの、双六すごろく

第百四九段 を、止事やんごとき人の

第百五十段 おそろしき物

第百五一段 きよしと、ゆる物

第百五二段 汚気きたなげなる物

第百五三段 いやなる物

第百五四段 むねつぶるる物

第百五五段 うつくしき物

第百五六段 ひとへする物

第百五七段 おそろしき物

第百五八段 るに、ことなることき物

第百五九段 むつかなる物

第百六十段 似非えせものの、ところをり

第百六一段 くるなる物

第百六二段 うらやましき物

第百六三段 く、ゆかしき物

第百六四段 心許こころもとき物

第百六五段 殿との御服おんぷくころ

第百六六段 宰相さいしやう中将ちゆうぢやう斉信ただのぶ

第百六七段 むかしおぼえて、不用ふようなる物

第百六八段 たのもしき物

第百六九段 きやう

第百七十段 ちかくて、とほき物

第百七一段 とほくて、ちかき物

第百七二段 

第百七三段 受領ずりやう

第百七四段 宿やどりつかさの、ごんかみ

第百七五段 大夫たいふ

第百七六段 六位ろくゐ蔵人くらふど

第百七七段 をんなの、一人ひとりいへなど

第百七八段 みやづかびとさとなども

第百七九段 ゆきの、いとたかくは

第百八十段 村上の御時、雪の

第百八一段 御形の宣旨せんじ

第百八二段 中宮に、初めて参りたる

第百八三段 したり顔なる物

第百八四段 位こそ、猶

第百八五段 風は

第百八六段 野分の又の日こそ

第百八七段 心憎き物

第百八八段 島は

第百八九段 浜は

第百九十段 浦は

第百九一段 寺は

第百九二段 経は

第百九三段 ふみ

第百九四段 仏は

第百九五段 物語は

第百九六段 野は

第百九七段 蛇羅尼だらに

第百九八段 遊びは

第百九九段 遊び業は

第二百段 舞は

第二百一段 弾物ひきもの

第二百二段 笛は

第二百三段 見る物は

第二百四段 五月さつきばかり、山里やまざとあり

第二百五段 いみじう暑き頃

第二百六段 五日の菖蒲の

第二百七段 良くめたる薫物たきもの

第二百八段 月の、いと明かきに

第二百九段 大きにて、良き物

第二百十段 短くて、有りぬべき物

第二一一段 人の家に、付々しき物

第二一二段 物へ行く道に

第二一三段 行幸ぎやうがうは、めでたき物

第二一四段 よろづの事よりも

第二一五段 細殿に、便無き人なむ

第二一六段 三条の宮に御座します

第二一七段 十月十日余りの月

第二一八段 成信の中将こそ

第二一九段 大蔵卿ばかり

第二二十段 すずり、汚気に、塵ばみ

第二二一段 人の硯を引き寄せて

第二二二段 「珍し」と言ふべき事

第二二三段 むまや

第二二四段 岡は

第二二五段 やしろ

第二二六段 降る物は

第二二七段 日は

第二二八段 月は

第二二九段 星は

第二三十段 くも

第二三一段 さわがしきもの

第二三二段 ないがしろなるもの

第二三三段 言葉、無礼気なめげなる物

第二三四段 さかしき物

第二三五段 上達部かんだちめ

第二三六段 公達きんだち

第二三七段 法師ほふし

第二三八段 女は、典侍ないしのすけ

第二三九段 宮仕みやづかへたらむ人など

第二四十段 身を替へたらむ人など

第二四一段 雪、高う振りて

第二四二段 細殿の遺戸やりど、いと

第二四三段 唯過ぎに、過ぐる物

第二四四段 殊に、人に知られぬ物

第二四五段 五月・六月の夕方

第二四六段 賀茂へ詣づる道

第二四七段 うぐいすに、時鳥ほととぎす

第二四八段 八月晦日方つごもりがた

第二四九段 いみじく汚き物

第二五十段 めて、恐ろしき物

第二五一段 頼もしき物

第二五二段 いみじう仕立てて

第二五三段 世の中に、猶

第二五四段 男こそ、猶、いと有り難く

第二五五段 万の事よりも

第二五六段 人の上、言ふを

第二五七段 人の顔に、取り分きて

第二五八段 嬉しき物

第二五九段 御前おまへに、人々

第二六十段 関白殿、二月きさらぎ十日の程

第二六一段 尊き物

第二六二段 歌は

第二六三段 指貫さしぬき

第二六四段 狩衣かりぎぬ

第二六五段 単衣ひとへ

第二六六段 悪ろき物は

第二六七段 下襲したがさね

第二六八段 扇の骨は

第二六九段 檜扇は

第二七十段 神は

第二七一段 崎は

第二七二段 屋は

第二七三段 時、奏する

第二七四段 陽の、うらうらと

第二七五段 成信の中将は

第二七六段 常に、ふみおこする人の

第二七七段 唯、あした

第二七八段 煌々きらきらしき物

第二七九段 かみいたく鳴る折に

第二八十段 「坤元録こんげんろく」の屏風

第二八一段 方違へなどして

第二八二段 雪、いと高く

第二八三段 陰陽師の許なるわらは

第二八四段 三月(やよひ)ばかり、物忌ものいみしに

第二八五段 清水に籠りたる頃

第二八六段 十二月二十四日しわすはつかあまりよか

第二八七段 宮仕へする人人々の

第二八八段 家、広く、清気きよげにて

第二八九段 見習いする物

第二九十段 打ち解くまじき物

第二九一段 右衛門のじようなる者の

第二九二段 又、小野殿の母上こそは

第二九三段 又、業平なりひらが母の宮の

第二九四段 「をかし」と思ひし歌

第二九五段 良ろしき男を

第二九六段 大納言殿、参り給ひて

第二九七段 僧都そうづの君の御乳母めのと

第二九八段 男は、女親、亡くなりて

第二九九段 定澄ぢやうちゃう僧都に

第三百段 真や、下野しもつけに下る

第三百一段 或る女房の

第三百二段 便無き所にて

第三百三段 唐衣からぎぬ

第三百四段 

第三百五段 汗衫かざみ

第三百六段 織物は

第三百七段 紋は

第三百八段 夏、薄物

第三百九段 容貌かたち良き公達きんだち

第三百十段 病は

第三一一段 心付無き物

第三一二段 宮仕へ人の許に

第三一三段 初瀬に詣でて

第三一四段 言ひ難き物

第三一五段 四位しゐ・五位は、冬

第三一六段 品こそ、男も、女も

第三一七段 匠の、物食ふてこそ

第三一八段 物語をも、せよ

第三一九段 或る所に、中の君とかや

第三二十段 女房の、参り、罷出

第三二一段 好き好きしくて

第三二二段 清気なる若き人の

第三二三段 前の木立、高う

第三二四段 見苦しき物

第三二五段 物暗う成りて

感想とご挨拶▶原文(伝本)で読んでみれば、どう読んでも“大切に書かれた一冊”。約60年を生きたとされる清少納言さんの“枕草子”。本意は(本意どころか、あちらこちら、本当に書かれていたかさえも)永遠に判らない1000年前のもの。詩的でもあり、覚書、備え書の様でもある綴り。何度も読み返してみたくて原文に簡素なmy辞書を付けたものを作っています。※正確性には欠けますがよろしければ是非。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました